大切なものを、大切だと思ってはいけなくなる日

或いは、大切の矢印を、ぎゅう、と、曲げる日